追っかけ母のつぶやき

舟木さんのコンサート、舞台で感じたこと、見かけた風景、
我がまま勝手に書いてみようと思います。
私の独断と偏見以外の何ものでもありません(^^ゞ

アップで見たい〜?


1   2   3   4  5

戻る    メニューへ


久しぶりにボヤキ(´;ω;`)

芸能生活55周年も12月の演舞場公演がラストで無事に終わりました。
途中舟木さんの入院騒ぎもあってヒヤッとしましたが、大事に至らなくてよかったです。
55周年はいろいろなパターンのコンサートがあって
舟木さんもバンドのみなさんも大変だっただろうと思います。
でも、その中でとても残念だったのが5月の新歌舞伎座公演。
12月の演舞場公演が終わってから改めて思い返してもやっぱり残念です。
というより、新歌舞伎座と演舞場の力の入れ方が違いすぎるでしょ!
新歌舞伎座は軽いものをという希望があるのかないのか知りませんが
それにしても軽いし短いすぎる。特に今年のお芝居は1時間ちょいの時間、
演舞場の2時間に比べると半分です。料金はほぼ同じ。
劇場の格が違う?そんなこと見る私たちは区別して見ているわけじゃありません。
同じように応援しているし、楽しみにしています。
シアターコンサートでも同じで、なぜ浅草だけ内容があんなに違うのでしょう?
少し後にあった松竹座とは余りにも違います。
舟木さんとしては同じように内容を考えられたとしても
聞く私たちが違うんじゃない?と思うような明らかな違いはどうなの?
とにかく12月の演舞場を見て、力の入れ方が余りにも異常というくらい違うのに愕然としました。
まあ55周年のラストを飾る公演ということで仕方ないか・・・
と百歩譲ったとしてもねぇ・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
楽日、サンクスの選曲を見ても明らかな感じ(T_T)
つまり演舞場のコンサートだけで5つのパターンがあったわけです。
ここでいくらぼやいても何が変わることもないのですが、せめて一人でぼやいて気持ちをなだめて・・・(´Д`)ハァ…
まあ、ご覧になれないファンの方もいっぱいいらっしゃる中
見に行ける私は幸せ者ということなのですが。
残りあと何年同じグレードのコンサートやお芝居を見ることができるのか
先を考えると寂しくなりますが、一つ一つの公演を心に刻みながら
残りの旅を楽しく過ごせればなお幸せ〜ヽ(*´∀`)ノ
(2018年1月17日)




やっぱりおかしい(>_<)

春に新曲が発売になって、しばらくしてからコンサートでスタンディングオベーションが始まった。
聞く所によると後援会からの要請があったらしい。
どこのコンサートでもカーテンコールで新曲を歌い終わるやいなや
前の方に座っている人から一斉に立ち始める。
後ろの人も見えなくなるのでつられて立つ?という感じで立って拍手。
一応スタンディングオベーションのつもりなのでしょう。
私はオーケストラのコンサート、ほかの歌手の人のコンサート、海外のアーティストのコンサート
海外でミュージカルを何度も見たこともあります。
いろんなコンサートに行きますが、スタンディングオベーションはある時もあれば無い時もある。
つまりは皆さんが感動して思わず立ち上がって拍手を送りたくなるコンサートもあれば
それほどのこともないコンサートもあるということでしょうか。
そしてもしスタンディングオベーションが起きたなら
必ず幕が上がり、出演者の人たちは皆さん登場して何度も何度も頭を下げられる。
それでも鳴り止まない拍手の時もさらに幕が上がりみなさんが登場してまたお礼
バンドの人たちや裏方さんまで出てきて手を振ってこたえる場面もありました。
それが何度も続くこともあり、最後は舞台も会場も拍手の渦になり、ようやく収まる
というような場面も多々ありますが、それは誰に言われたわけでもなく
自然発生的に起きるものです。
そういう場面に何度も立ち会っているので、舟木さんのコンサートでの
あのスタンディングオベーションはとても奇妙で滑稽に見えてしまって
せっかくのコンサートも最後に興ざめしてしまいます。
もし、舟木さんがあの奇妙であってもスタンディングオベーションを本物だと思っているのなら
もう一度幕を上げて出てくるべきではないのでしょうか。
お客さんが立って拍手をしているのに、そのまま終わってしまうコンサートを見たことがありません。
最近、慣習的なスタンディングオベーションはやめてほしいというようなことを舟木さんが言われたとか・・・・
それがもし本当ならあの馬鹿げたスタンディングオベーションは止めるべきでしょう。
もし本当に感動したのであればそれはもうちょっとタイミングを考えて欲しいものですが、
どう見ても感動しての行動とは思い難い。
今年も残り少ないコンサートですが、まだこの馬鹿げた光景を見ることは続くのでしょうか(゜´Д`゜)
そして来年も舟木さんがあの新曲を歌い続ける限り続くのでしょうか(つд⊂)
応援したい気持ちは別の方法で表現することはできないのでしょうか。
とても情けない思いでコンサートを見たくはないのだけれど・・・・
2015年9月29日



最近ちょっと変わった?

新歌舞伎座の2月公演も大入りのうちに無事に終わって、
今年の通常コンサートは関東方面が中心でなかなか関西には来ません。
6月になって初めて神戸でソロコンサートがありましたが
こんなに長いことソロコンが関西でなかったのも珍しいかも
ま、そんなことはスケジュールの調整で仕方がないことでしょう。
まず5月のラブコンの時のプレゼントタイムの洋服
(@_@;)(°д°)なんということ?まるで裸のようにスケスケのシャツ
いくら透けててもあれは透けすぎでしょう!!さらには妙に光った靴
さらには入の時に着てはったなんともすごい色のカーデガン
色はともかくとして、あの胸の開け方は尋常じゃない゚(゚´Д`゚)゚
舟木さん何がどうなっちゃったの?
どれをとっても興ざめしてしまってコンサートどころじゃない私。
そんなこんなの折、後援会から新曲を歌い終わったあとスタンディングオベーションをしろ
というお達しがあったとか(@_@;)え〜なんでそんなことになったの?
そんなものは見ている人が決めることで強制されることではないはず。
しかも最近の雑誌のインタビューで、前からそういう光景を見たいと思ってたと
舟木さんが仰ったこと。
あのヤラセのスタンディングオベーションを喜んでおられるご様子Σ(゚д゚;)
後援会からの根回しがあったのをご存知ないのか、インタビューだから知らないことにしてるのか
どちらなのかは知るよしもありませんが、かなりびっくり、そういう人だったんだァ・・・・
新曲もどこに行ってもヒットして欲しいと言いまくり
ラジオ、テレビ、インタビューでヒット祈願
今までの舟木さんからは想像ができない変化。
媚を売らないのが好きだったのに、新曲の歌詞も媚び媚びの内容
(´ε`;)ウーン…と首をかしげる今日この頃。
特にソロコンの内容は盛り上がりに欠けるし、イマイチ入り込めないし
船村先生のコンサート以外は私は好きになれないものばかり。
ま、長いこと活動してはるから私が好きじゃない時もある。
と諦めて、来年に期待(´Д`)ハァ…
さりげなく自分は舞台で歌っていて、お客さんもさりげなく客席にいる
そういう関係が嬉しいと言われていたのに・・・・
スタンディングオベーションを強要するなんて(´Д`)ハァ…
やっぱり納得いかないなぁ・・・・ごくごく普通の芸能人やったんか・・・・(´Д`)ハァ…



引き際って・・・・

新歌舞伎座の1ヶ月公演も無事に終わりました。
千秋楽にやっと満員御礼の垂れ幕が出ました。
それは嬉しいことだけれど、初日から一応舞台は上り調子に良くなっては来たけれど、
舟木さんの立ち回りの手数が減ったし、やっぱり切れがない。
最後まで動きがすごく鈍かったと思います。
後で聞くところによると、初日が開く前から足を痛めてはるとか・・・
確かに、座長である以上、何があっても舞台に穴を明けるわけには行きません。
ましてや代役で済ませることでも無し。
千秋楽のコンサートで、本当は約2年前の中日劇場の1ヶ月公演を最後にしようと思ってたとか。
でもまた引き受けたのは、要請があったのと、やっぱりお好きなんでしょうね。
ただ、お金を払ってきてくれるお客さんには、好きだからどんなものを見せてもいいと言うことにはならない。
舟木さんがやることなら何でもいいと言うお客さんもいるでしょう。
でも、プロとしては出来の良くないものを見せてお金を貰うのはおかしい。
ましてや、舟木さんは引き際の良い人だと思っていただけに
今回のお芝居を見てちょっと残念に思ってしまった。
歌のほうはまだまだ歌えると思うけれど、立ち回りのあるようなお芝居はもうしんどいのでは?
それならこだわらず、演目をそれなりのものにするとか、
納得のできるものを演じて欲しい。
それでなければ、ご自分でも言われたように、もう無理しないで潔く止めるのも道ではないのか。
そこまでして演じなければ行けないのかと思うと、ちょっと切なくなる。
お客さんから心配されるって、プロとしてどうなんでしょう。
潔し!!の舟木さんが好きなんだけどなぁ・・・・。
2011年8月24日



新歌舞伎座公演を見て

久しぶりにつぶやいてみます。
新歌舞伎座が新しくなってから始めての座長公演。震災があって急遽演目が変わってしまったと言うことはあるけれど、
それにしてもなぜ過去3回も公演された演目が選ばれたのか?
舟木さんは劇場さんからの希望と言うし、パンフレットを見ると舟木さんが選んだように書いてある。
どっちでも良いけど、いくらなんでも4回目の演目ってどうなんでしょう!!
しかも同じ新歌舞伎座でも何年か前に演じられています。キャストもほとんど同じだし。
初日行って来ましたが、2階、3階の両サイドはほとんどお客さんがいませんでした。
こんなに会場が寂しい初日は初めて(+_+) しかも幕が開いてもお客さんの反応がイマイチ
ワクワクする期待感って言うのが今までなら感じられたのにね。
それはやっぱりストーリー展開も、舟木さんの登場場面もすべて知っているからかも。
仕方ないにしてもかなりドヨ〜ンとした雰囲気です。
それはきっと舞台にいる舟木さんにも伝わっているはず、それを思うとちょっとお気の毒なような・・・。
新歌舞伎座さん、舟木さんなら何でもお客さんがくると思ってもらっては困ります。
それを、舟木さんの人気が落ちて来たなんて勘違いをされても尚困ります。
同じ高いチケットを買うなら、やっぱり違うものを見たい。
コンサートにしても余りにもおなじみの曲過ぎて、いくらなんでもワクワクもしません。
いつもなら元気をいっぱい貰って帰ってくるのに、今回ばかりは足が重かったです。
体調が悪いと言う噂もありますが、それを差し引いても、やっぱり舟木さんもお年なのでしょうか。
立ち回りの切れがないし、コンサートに溌剌さがない。
本当に、こんなにがっかりした公演は初めてです。
でも、初日にこれだけがっかりしたら、あとは上るのみか?
後半に向けて期待しましょう(^_^;)

それにそろそろコンサートも1日1回で良いと思うし、
1ヶ月公演をするなら、3日したら1日休むとか、休演日を入れても良いのではないでしょうか。
70歳まで頑張りたいと言う舟木さん、そこまでついて行きたいと思うファン。
両方上手く行くためにも、そろそろそう言うことも考えて欲しいと思います。
アイエスのご担当の方、よろしくお願いします。
と、私がこんな所でぼやいてもしょうがないけど・・・・(+_+)
2011年8月7日