2004年2月21日(土)
大阪メルパルクホール


2004年2月26日(木)
東京メルパルクホール

 
 ♪いい日旅立ち
 ♪遠くへ行きたい
 ♪さいはての月
 ♪忘れものの街
 ♪別 涙
 ♪東 京
 ♪ガキの頃のように
 ♪時の過ぎ行くままに
 ♪いつか愛したおまえ
 ♪涙をふいて 
 ♪ブルーシャトー

♪冬の稲妻
♪勝手にしやがれ
♪旅の終りに
♪石狩挽歌
♪襟裳岬
♪ちょっと演歌で唄ってあげる
♪おもいで酒
♪なみだ恋
♪みれん
♪夢ん中
☆どうでもいい私の感想
今回の選曲はかなり良い感じ。私個人的には舟木さんが歌ういわゆる「フォークソング系」は余る好きではないんです。なので今回派嬉しい選曲でした。特に「ガキの頃のように」ちょっと最初の歌詞間違いが気になりましたが、まあ、これは大阪のお昼の部では毎度の事なんでご愛嬌・・・・(T_T) 「旅の終りに」「石狩挽歌」めちゃくちゃ良かったです。この歌は私にとってとても印象的だった映画「挽歌」の挿入歌として使われていて、映画と共にとても好きな歌です。それから、私の大大好きな「ちょっと演歌で歌ってあげる」もありました。舟木さんがこんな可愛い歌を作るなんて・・・・と初めて聞いたときはビックリでした。この歌はどなたか可愛い女性のど演歌じゃない演歌歌手の人に歌っていただきたい。長山洋子さん当たりがいいかなぁ・・・と思いますが、もうちょっと若人がいいかも・・・(*^_^*)
で、今回の中で一番良かったのは、何といっても「夢ん中」もう最高!!!何度聞いても聞き飽きない歌です。
こういう歌を普通のコンサートでもうたて頂きたいですが、一般のお客さんにはやっぱり学園ソング&ヒットソングが良いのかしらねぇ〜
Lovely Concert
2004年4月9日(金)
大阪読売文化ホール


2004年4月13日(火)
池袋サンシャイン劇場
 
 ♪悲しき雨音 
 ♪恋の季節 
 ♪バラ色の雲 
 ♪じっとしてると恋しい 
 ♪夜霧のタブレター 
 ♪逢いたくて逢いたくて 
 ♪今日でお別かれ
 ♪今は幸せかい 
 ♪ビールをまわせ 
 ♪日本全国酒飲み音頭

♪宇宙戦艦ヤマト 
♪星は何でも知っている 
♪忘れないさ 
♪月がとっても青いから 
♪霧の中の少女 
♪君だけを 
♪貝がらの唄 
♪夕月の乙女 
♪宝福寺にて 
 
 アンコール .風
★またまたどうでもいい私の感想
今回のラブコンは演歌系抜き?でも、「フォーク系」なしなんで良かった。(^◇^)楽しい歌のコーナーではこれまた面白い選曲。後は結構懐かしい曲ばかり。なぜか全部歌えちゃう。今回の超目玉と言って良い1曲目は「宇宙戦艦ヤマト」これがめちゃくちゃスケールが大きくて絶品です。迫ちゃんのアレンジらしいですが、素晴らしい。まるでクラシックのようなスケールの大きさ、舟木さんの声量もたっぷりで本当に素晴らしい。それと、私は初めて聞いた「宝福寺にて」この曲の何とも不思議な感じ。詞の朗読のような歌詞、でも、これもスケールの大きさと何となく優しい風を感じる曲。なかなか聞けない「伝説的な曲」のようです。ずっとずっと以前にNHKで歌われたそうですけど、私はそれは知りませんでした。舟木さんが歌う「フォーク系」は好きではないのですが、この曲は別です。
アンコールの「風」は、私としては・・・・・。

2004年6月25日(金)
大阪メルパルクホール


2004年7月1日(木)
東京メルパルクホール


 ♪面 影
 ♪硝子のジョニー
 ♪夜霧の慕情
 ♪ブランデーグラス
 ♪夢は夜ひらく
 ♪星の流れに
 ♪裏町人生
 ♪女の十字路
 ♪さだめ川
 ♪昭和枯れすすき
 


♪大阪の女
♪大阪しぐれ
♪浪花盃
♪銀座の恋の物語
♪赤坂の夜は更けて
♪ウナ・セ・ラディ東京
♪ラブュー東京
♪たそがれの銀座
♪長崎は今日も雨だった
♪思案橋ブルース
♪長崎の女
☆ちょっと感想を〜(^^ゞ
今回のふれコンの目玉は「ご当地ソング」今回は色々ある中から、大阪、東京、長崎のを選んだそうです。でもなぜか大阪の選曲は演歌ばかり。他にもさらっとした曲があるのに、舟木さんにとっての大阪のイメージはこんな感じ?「大阪の女」はザ・ピーナツの曲で当時大好きでよく歌ったのを思い出し、懐かしかった。この曲にも色々思い出がある。舟木さんが言う「流行歌は聞く人がその時その時のことを思い出すから良いのだ」というのがそのまま当てはまる思いで深い曲なのであります。その後の東京の歌の選曲は大阪とはえらい違い。都会的な歌ばっかりやん。「銀恋」のコーラスのお姉さんとのデュエットも良いやん(*^_^*)「たそがれの銀座」は、可愛いまこちゃんと賢ちゃんを思い出しました。後、絶品なのは「長崎の女」本当にご自分の唄かと思うほど良いではありませんか!!良い歌は誰が歌っても良いのは分かりますが、やっぱり舟木さんの選曲が良いのと、アレンジが良い。それからかなりというか、めちゃくちゃ以外だったのが「昭和枯れすすき」です。この曲はかなり印象に残る歌い方の人が歌った歌で、いまいち貧乏くさい曲だと思っていました。でもでもです、舟木さんが歌うこの歌のなんと素晴らしい事。こんなに良い歌だったのかと、しばし感動してしまいました。

いつも意外な歌を、意外なアレンジで、まあ、時には「それはないでしょう〜(-_-;)」と思うときもありますが、やっぱり普通のコンサートとは違う良さが山盛りのふれコンでした。

風―アダルトに
2004年9月29日(水)
東京メルパルクホール



 ♪蜃気楼
 ♪白いブランコ
 ♪忘れ物の街
 ♪白い部屋
 ♪少しは私に愛をください
 ♪ルビーの指輪
 ♪さらば青春
 ♪我が良き友よ
 ♪いい湯だな
 ♪帰ってきたヨッパライ

♪1円玉の旅がらす
♪酒と泪と男と女
♪あんたのバラード
♪ダンシング・オールナイト
♪神田川
♪夢 幻
♪北の蛍
♪あの空を飛べたら
♪熱き心に



2004年コンサートTOPへ